「国際結婚したら日本の国籍はどうなるんだろう」

今、国際結婚を真剣に考えている方は、これから自分の国籍がどうなるのか気になりますよね。

 

結婚後の国籍は国によって扱いが違うので、知らずにいると思わぬトラブルに発展しかねません。

また、自分だけでなくパートナーや自分たちの子供にも関わってくることなので慎重に決断したいですよね。

 

そこで、ここでは国際結婚した後の国籍の扱いや、万一の場合の対処法などについてご紹介していきます。

これから国際結婚をお考えの方は参考にしてみてください。

 

国際結婚して海外移住したら日本国籍はどうなるの?

国際結婚した場合、それぞれの国籍はどうなるのでしょうか。

男女別でみていきましょう。

 

日本人男性と外国人女性が結婚した場合

日本人男性は基本的に日本国籍のままです。

特別な手続きは必要ありません。

 

  • 日本人男性…日本国籍のまま
  • 外国人女性…外国籍のまま

 

もし、相手国の国籍を取得したい場合は、相手国の法律に基づいた帰化の申請が必要です。

 

日本人女性と外国人男性が結婚した場合

日本人女性の場合は少し事情がことなります。

結婚する相手国によって3通りの方法があります。

 

①日本国籍のまま(手続き不要)

ほとんどの国ではこのパターンが当てはまります。基本的に国籍を変更しなくてもOKです。

 

  • 日本人女性…日本国籍のまま
  • 外国人男性…外国籍のまま

 

もし、相手国の国籍を取得したい場合は、相手国の法律に基づいた帰化の申請が必要です。

 

②意思表示により相手国の国籍が取得できる

相手国がフランスやタイ、エジプトなどの場合、

 

結婚後に「意思表示の手続き」をすることで相手国の国籍が取得できます。

もちろん、日本国籍のままで良い方は手続き不要です。

 

ただし、相手国の国籍を取得した場合は日本国籍が失われるので注意が必要です。

 

③結婚により自動的に相手国の国籍を取得してしまう

相手国がイラン、アフガニスタン、サウジアラビアなどの場合、

 

結婚後に自動的に相手国の国籍を取得することになります。

この場合、一時的に二重国籍となるため、女性はどちらかの国籍を選択しなければなりません。

 

2年以内にこの手続き(選択)をしないと日本国籍を失ってしまうので注意しましょう。

 

パートナーが日本に移住する場合の国籍はどうなる?

男女関係なくパートナーが日本に移住する場合、基本的には外国籍のままです。

もしあなたのパートナーが日本国籍を取得したい場合は、日本の国籍法(第七条)に従い帰化申請をする必要があります。

 

第七条 日本国民の配偶者たる外国人で引き続き三年以上日本に住所又は居所
を有し、かつ、現に日本に住所を有するものについては、法務大臣は、その
者が第五条第一項第一号及び第二号の条件を備えないときでも、帰化を許可
することができる。日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から三年を経過
し、かつ、引き続き一年以上日本に住所を有するものについても、同様とす
る。

法務省「国籍法」より

 

帰化申請の条件をまとめると、以下のようになります。

 

  • 夫婦で3年以上日本に住んでいること
  • 日本人と結婚して3年以上経っている場合、さらに1年以上日本に住んでいること
  • 外国籍を放棄すること

 

つまり、パートナーが結婚して移住したからといってすぐに日本国籍を取得できるわけではないということですね。

 

ただし、一般的な外国人が帰化申請する場合(5年以上の日本住居)よりも条件がやや緩和されています。

 

生まれた子供の国籍はどうなる?

国際結婚して子供が生まれたら、子供の国籍はどうなるのか疑問に思いますよね。

日本に住む場合と海外へ移住する場合の2パターンでみていきましょう。

 

日本に住む場合

まずは日本国籍ですが、日本では「父母両系血統主義」といって、

両親のどちらかが日本人であれば、その子供に日本国籍を付与する権利があります。

 

日本に住む場合は基本的に子供も日本国籍になりますが、パートナーの国次第では父親&母親の2カ国の国籍を持つことも可能です。

例えば、中国や韓国、フィリピン、タイでも日本と同じ「父母両系血統主義」なので、日本に移住していても子供の外国籍を申請することができます。

 

ただし、日本では22歳以降の二重国籍が認められていないので、子供が22歳になったら自分でどちらかの国籍を選択しなければなりません。

 

海外へ移住する場合

まずは日本国籍についてですが、

両親のどちらかが日本人であれば、出生届の提出で子供には日本国籍が付与されます。

 

また、アメリカやカナダ、ニュージーランドなどの欧米諸国では、

その国で生まれた子供に自動的に国籍を付与する制度があります。

 

つまり、移住する国によっては二つの国籍を所有することができるんですね。

 

ただし、先ほども述べたように子供が22歳になったら自分でどちらかの国籍を選択しなければなりません。

 

日本国籍を一度失ったあとに再度取得する方法

「相手国の国籍を取得したけどやっぱり日本国籍に戻したい」

 

そういう時は一般外国人と同様に帰化申請をしなければなりません。

 

ただし、「元日本人」ということが考慮された「簡易帰化」という、

条件の緩和された手続きも用意されています。

 

ただ、帰化が許可されるまで1年以上かかるケースが多いです。

 

国際結婚で相手国の国籍を取得しようか悩む場合もありますが、帰化のことも考えて慎重に決断しましょう。